新・京極派

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 セミの句 2。

<<   作成日時 : 2017/07/22 00:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像









平成29年2017年7月22日土曜日
【2017/セミの句2。】

 月無夜や樹の黒奥に蝉眠る
 ・・・大阪市東淀川区下新庄北公園、下新庄鳩ヶ瀬公園。


【2017/蝉の句1。】
ところで、ことしはセミの当たり年やで。長年淡路、大阪市に暮らして来たけど、今年の夏ほどセミの声が響き渡る年も珍しい。

 人の世をあらんかぎりに蝉の声

【自注】朝、マンションの玄関を出ると、前の市営住宅の植木からそれこそ降るようにセミが大合唱してくる。自転車で移動する。公園に差し掛かるとここでも大合唱が押し寄せて来る。
お父さんの動くところが「人の世」。その時空間をセミの声がうずめ尽くす。「あらんかぎり」の力を入れてセミが鳴く。「あらんかぎり」は空間を、こころの中を行く。写真は淀川キリスト教病院の庭のひまわり。
博士
 

画像
画像

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 セミの句 2。 新・京極派/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる